厨房のありす(ドラマ)考察!倖生と八重森家の関係は?!五條家についても

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

厨房のありす(ドラマ)考察!倖生と八重森家の関係は?!五條家についても エンタメ

ドラマ「厨房のありす」はハートフルミステリーなんですよね!

第1話から心がほっこりするようなシーンも多いですが、何かが起こっている様子が描かれているシーンも。

とくに気になるのが、住み込みでのバイトを開始した酒江倖生(永瀬廉さん)の正体。

あまりにも八重森家と近い場所に偶然いることからも、生い立ちに何か関係がありそうなんですよね。

そこで今回は【厨房のありす(ドラマ)考察!倖生と八重森家の関係は?!五條家についても】と題してご紹介していきます!

この記事では下記についてまとめています。

  • 厨房のありす(ドラマ)考察!倖生と八重森家の関係は?!
  • 厨房のありす(ドラマ)考察!五條家と八重森家の関係も

\関連記事はこちら/

厨房のありす(ドラマ)ロケ地のご飯屋さんどこ?目撃談や遭遇情報は?

厨房のありす(ドラマ)ロケ地の公園はここ!商店街や駅の撮影場所も判明!

厨房のありす(ドラマ)考察!倖生と八重森家の関係は?!

ドラマ「厨房のありす」の考察で言われているのが…

  • 倖生は心護(大森南朋さん)の子供である可能性がある?
    →違う可能性が出てきましたね。
  • 八重森ありす(門脇麦さん)の幼少期の火事と何か関係がある?
    →こちらは未だ謎に包まれていますね。
    ※第9話ではありすor未知子を狙った可能性が浮上!

という内容!

酒江倖生(永瀬廉さん)の正体は何者なのか話題になっている考察を見ていきましょう♪

厨房のありす(ドラマ)考察!倖生と八重森家の関係は?!①

【追記】

倖生の父親を苦しめていた人物が、ありすの実の父親だったという関係でした。

  • 倖生の父親:十嶋晃生
    五條製薬研究所所長
  • ありすの実の父親:五條誠士

最終回放送前までの考察内容はこちら!

倖生が心護の子供である可能性がある?
→これは違いましたね。

※倖生には別に父親と母親がいる
→父親は十嶋晃生(竹財輝之助さん)

考察のなかで1番多かったのが「倖生が心護の子供なんじゃないか?」っていうものでした。

その理由としては、あまりにも心護に近い場所にいることから。

  • 清掃のバイトで担当するのは心護の研究室がある大学
  • 新たにありすのお勝手にて住み込みのバイトを希望

偶然にしては八重森家に近づこうとしている様子が見受けられることから予想されています!

ただ心護はゲイという役どころなので、倖生が母親から「父親が心護」だと聞かされて育ったっていう可能性も考えられます。

さらに第1話で八重森家にお邪魔することになり、倖生が心護とありすの家族写真を寂しそうに眺めているシーンもありました。

また心護がありすのことを「大切な娘」だと話した時にも、倖生は同じように寂しそうな表情で聞いていましたね。

このことから倖生は心護の子供である(もしくは父親だと聞かされて育った)可能性があるという考察が1番有力だとされていました!

ですが、第5話の中で登場した「十嶋晃生(竹財輝之助さん)」の存在により倖生の父親という可能性は低くなりましたね。

倖生の父親と母親は…

  • 父親:十嶋晃生
  • 母親:詳細は不明

で、心護の発言によると十嶋晃生は両親が勧める人と結婚した(倖生の母親だと思われる人)とのこと。

倖生は父親が亡くなった後に、自分の母親ではなく別に父親の心に居た人物の存在に気づいたということですね。

それを辿った先にいた人物が「八重森心護」で、自分の父親と何があったのか知りたくて八重森家に近づいたという考察ができています。

でも他にも八重森ありす(門脇麦さん)が幼少期に経験した火事に何か関係があるのかもしれないとの予想もあるんです!

厨房のありす(ドラマ)考察!倖生と八重森家の関係は?!②

  • ありすが幼少期に経験した火事と関係がある?!
    →倖生の父親が火災に関わっている(?)
  • この火事で家族を亡くしている可能性も考えられる?
    →この考察は違う可能性が出てきましたね。

※第9話にて「25年前の火災事故」と「横領事件」が同一犯の可能性が浮上。

第1話では倖生が料理を一品作ろうとして鍋から火が上がり、それを見たありすが取り乱したシーンがありましたね。

その時に幼少期のありすと思われる女の子が映って、部屋が火事になっていましたよね。

このことと、倖生の「両親は遠くにいて…」という発言から、火災(火事)と倖生の家族は何かしらの関係があるんじゃないかと考察されていました!

  • 25年前の火災が仕組まれたものだった可能性がある
  • その火災に倖生の父親が犯人に仕立て上げられてた可能性がある(?)

第5話のラストではお墓参りに来た倖生と心護が鉢合わせ、その時に心護がまさかのカミングアウトをしていましたね…。

この発言から倖生の父親はもしかしたら25年前の火災事故が事故ではなかった証拠を掴んでしまった可能性も考えられます。

ですが相手が自分が所属する大企業ということもあり、倖生の父親の方が危うい状況に陥った可能性もありそう。

もしくは企業側が倖生の父親に何かをバラされる前に、倖生の父親をバラせるような環境でなくした可能性(何かの犯人に仕立て上げる等)が考えられます。

ちなみに第5話の放送前には、もしかしたら当時の火災(火事)で倖生の家族が亡くなっているんじゃないかっていう考察もありました。

ですが第5話で明らかになった倖生の父親が亡くなった年と火災があった年は違うことが判明。

  • 火災は25年前
    →ありす当時3歳
  • 倖生の父親が他界したのは平成27年
    →倖生当時16歳

倖生の誕生日は履歴書によると1999年3月になっていますので、計算すると火災事故の後に生まれている、もしくは0歳だったことが分かります!

なので五條製薬の火災が理由で倖生の家族が亡くなっているっていう考察の可能性は低そうだということが考えられます。

倖生の父親は十嶋晃生(竹財輝之助さん)で間違いなさそうです!
心護は倖生の父親の元恋人であることも判明。
しかも2人とも同じ五條製薬の研究者だったことも明らかになっています。

厨房のありす(ドラマ)考察!五條家と八重森家の関係も

【追記】

五條家と八重森家(ありす)の関係は血縁関係があったということでした!

ありすの実の両親は…

  • 五條誠士(萩原聖人さん)
  • 五條未知子(国仲涼子さん)

でした。

五條未知子は子供の父親を明かすことなく出産し育てていましたが、火災事故で他界。

五條誠士は未知子の姉・五條蒔子(木村多江さん)との結婚が決まっていて、子供の父親として名乗ることはありませんでした。

そこで母親を亡くしたありすを引き取ったのが八重森心護(大森奈朋さん)で、以降ありすを実の娘のように大切に育ててきたということでした!

※最終回放送前までの考察はこちら↓

  • 心護はありすの本当の父親ではない
  • おそらく実の両親は五條家の2人
    父親:誠士(萩原聖人さん)
    母親:蒔子(木村多江さん)

    →これは違いましたね!
    ※実際はありすの叔父叔母
  • ありすの実の母親は未知子(国仲涼子さん)でした
    ※五条蒔子の妹
    →ありすの父親は不明
     第9話で新たに五條誠士がありすの父親説が浮上

ドラマ「厨房のありす」の考察で、八重森家と五條家の関係も盛り上がってますよね!

第1話の内容から考察すると「自分が引き取った」と明言していますが、おそらく心護はありすの本当の父親ではなさそうですよね。

第4話の放送までは五條蒔子と誠士の2人が、八重森ありすの実の父親なんじゃないかと予想されていましたが…これも違いましたね!

実の母親は五條蒔子の妹・未知子だと判明

ただ25年前の火災事故で亡くなっていることが分かりましたね。

でもそうなると…ありすの父親って誰なの?!っていう部分が気になってきちゃいますよね?

ここで出てくる考察が「五條誠士(萩原聖人さん)が何か関わっているんじゃないか」っていうもの。

もしかしたら八重森ありすは五條未知子と誠士との間の子供の可能性があるかも?!

妹の未知子と恋愛関係にあったものの、姉の蒔子からの告白を受けて結婚に踏み切ったんじゃないかっていう考察があるんです。

見ていると蒔子には良い顔をしつつも、ありすとの関係を遠ざけようとしている節が目立ちますよね。

もしそうだったなら隠し通さないといけない立場にいますから、ありすを遠ざけようとするのも納得ですよね。

第9話では五條蒔子が、ありすにカミングアウトするシーンがありました!

「誠士はあなたの本当の父親なの…」

となると恋人同士だった可能性がありますから、
25年前の火災事故の時に未知子を助け出したのが誠士というのも納得ですよね。

そして第5話にあった「25年前の火災事故が事故ではない」可能性の浮上。

心護と誠士とのやり取りからも、

  • ありすの存在
  • 25年前の火災
  • 心護の五條製薬の退職

に大きく関わっているんじゃないかと考察されています!

五條製薬と八重森家の関係には下記の考察もあります!

心護の退職理由
誠士が心護に「お前も戻りづらいだろうし」と話すシーンがありましたよね。
心護はやっていない事の責任を取らされて(ハメられた?)五條製薬を退職している可能性がありそう。

倖生の父親の横領疑惑について
第7話では心護が倖生に「濡れ衣だった」と明かすシーンがありましたね!
25年前の火災事故、そして倖生の父親が疑いをかけられた横領事件について心護と誠士が真相を知っていそうだとの考察もあります。

→実際に第9話の時点で「25年前の火災事故」と「横領事件」に心護と誠士が関わっている可能性が高くなりましたね!
さらに五條蒔子も怪しくなってきました!

25年前研究室に入れたメンバーは下記の6人。

  • 五條蒔子
  • 五條未知子
  • 八重森心護
  • 誠士(当時の苗字は不明)
  • 十嶋晃生
  • 温田実(岡部たかしさん)

※五條未知子と十嶋晃生はすでに他界そして、温田実も火災事故の違和感から独自で調査をするほどなので怪しさは薄れますね。

となると、やはり五條蒔子、五條誠士、八重森心護の3人が有力になりますね。

\関連記事はこちら/

厨房のありす(ドラマ)ロケ地のご飯屋さんどこ?目撃談や遭遇情報は?

厨房のありす(ドラマ)ロケ地の公園はここ!商店街や駅の撮影場所も判明!

まとめ

厨房のありす(ドラマ)考察!倖生と八重森家の関係は?!五條家についても】と題してご紹介してきました。

  • 倖生と八重森家(五條家)の関係は親の仇といった感じでした。
    倖生の父親を苦しめていた人物が、八重森ありすの実の父親だったということです。
    ありすの実の両親は、父親が五條誠士(萩原聖人さん)・母親が五条未知子(国仲涼子さん)でした。
    →五條誠士が裏で手を引いて倖生の父親を追い詰めていた。
  • 最終回放送前までの倖生の正体の考察では2つ予想が挙げられていました。
    ①倖生は心護の子供の可能性がある

    あまりにも心護の近くにいることから。
    心護が父親だと聞かされて育った可能性も(?)
    →第5話の展開から考えると、この考察の可能性は低そうですね。
    ②幼少期にありすが経験した火災(火事)に関係がある

    倖生の父親が25年前の火災事故と関わりがありそう
    →事故ではない証拠を掴んでいた可能性がありそうだと考察されています。
  • 八重森家と五條家の関係についての考察は、
    ①心護はありすの実の父親ではない可能性が高い
    ②ありすの本当の両親は下記の2人の可能性が高い→違いましたね。
    父親:誠士(萩原聖人さん)
    母親:蒔子(木村多江さん)
    ※祖父役は北大路欣也さん
    ③ありすの実の母親は蒔子の妹・未知子(国仲涼子さん)でした。

    ※父親は不明
    →第9話にてありすの父親が五條誠士説が浮上!

最後までお読みいただきありがとうございました。

Advertisements

コメント

error: Content is protected !!